正社員のメリット

給与を安定して得ることができる

運送会社で正社員のトラックドライバーとして採用されると得られる大きなメリットとしてまず挙げられるのは、「安定した給与が得られること」です。派遣社員として採用されると、突然仕事がきて派遣されることになったり、逆に仕事が急に無くなってしまうことがあるため収入は安定しません。しかし、正社員で採用されれば、解雇や倒産などといったアクシデントが無い限り、体力が続くまでトラックドライバーの仕事をして給与をもらい続けられます。

また、給与額についても正社員の方が多く、派遣社員として働く場合と正社員として採用された場合とでは、1.5倍から2倍程度の差があるといわれています。仕事ぶりが評価されて昇進をすることができれば、より多くの給与を得られるようになり、生活基盤もより安定したものになります。

利用できる福利厚生制度の種類が増える可能性がある

トラックドライバーの仕事に派遣社員として関わる場合、福利厚生制度は所属している派遣会社のものを利用することになるのが基本です。運送会社の福利厚生制度は利用できるものの、条件付きとなっていて全ては利用できないようになっている場合が少なくありません。これに対して、正社員は所属する運送会社の福利厚生制度をすべて利用できます。もし、派遣会社の福利厚生制度があまり充実していない場合、運送会社の正規の従業員となることで利用可能な制度の種類が増え、安心して仕事に取り組めるようになる可能性があります。

ただし、近年は派遣会社の中にも福利厚生を手厚くしている所が出てきています。このような会社に所属している場合、運送会社の正社員になることで給与はアップしても福利厚生の面で不便になることが考えられます。正社員のトラックドライバーになるかどうかは、待遇面をよく比較した上で決めましょう。

トラック運転手の求人とは、小型、中型、大型などのトラックを運転することができる人を雇い入れるために、さがし求めることです。