アルバイトのデメリット

将来のキャリア形成のうえでハンデになることがある

トラックドライバーのアルバイトの仕事は、正社員よりも勤務日数や労働時間が少ないため、将来のキャリア形成のうえでハンデになってしまうこともあるため注意しましょう。特に、週に2日から3日程度の勤務を担当する場合は、運転に慣れるまでに時間が掛かったり、就職や転職をするときにあまり良い評価を受けなかったりするケースもあります。そうした中、アルバイトとしてキャリアを意識しながら働きたい人は、正社員と同じような条件で業務を担当できるところや、短距離から長距離まで様々な仕事を経験できるところを職場に選ぶのがおすすめです。なお、アルバイトの仕事を続けながら正社員を目指したい人は、毎年社員登用を行っている運送会社を探すのも良いでしょう。

勤務先によっては賃金が低く安定した生活を送れないことがある

アルバイトの雇用形態で働くトラックドライバーの中には、業務手当やボーナスなど基本給以外の給料が支払われないため、安定した生活を送るのが難しいといった問題を抱えている人が多くいます。たとえば、中小規模の運送会社においては、アルバイトの基本給が低く設定されているところもあり、仕事を始めてからすぐに離職を検討する人も珍しくありません。そこで、少しでも良い待遇でトラックドライバーのアルバイトを始めたい人は、運送業界に精通したスタッフがいる人材紹介会社や、求人件数が多いサイトを頼りにすると良いでしょう。その他、知り合いに運送会社に長く勤めている人がいれば、待遇や職場環境が良い職場を紹介してもらうのもおすすめです。

トラック運転手の転職は人付き合いが苦手な方にも向いています。運転技術が必要ですが、自分だけの時間を楽しむことが出来ます。