正社員のデメリット

勤め先のドライバーの在籍状況によっては休暇が取りにくいことも

正社員のトラックドライバーは、全国的に需要が高く安定収入を得やすい傾向がありますが、勤務先のドライバーの在籍状況によっては、思い通りに休暇を取りにくいといったデメリットもあります。特に、正社員の在籍数が少ない事業所においては、ベテランのトラックドライバーが連日の業務を担当したり、毎日の残業時間が長くなったりするケースが珍しくありません。そうした中、労働時間や休日に関する問題を防ぐには、年間を通して多数のドライバーが在籍しているところや、ドライバーの勤怠管理がしっかりと行われているところを就職先に決めることが大事です。 また、トラックドライバーの仕事の経験がない人は、はじめから正社員として就職をするのではなく、業務に慣れるまで契約社員やパートとして一定期間経験を積むのも良いでしょう。

長期間同じ会社で働いても基本給が上がらないこともある

トラックドライバーの給料は、営業職や企画職といった職種とは異なり、ルーティンワークが中心となるため、長期間同じ会社で働いても基本給が大きく上がらない人も少なくありません。そのため、給料への不満を感じて他の業種に転職をしたり、契約社員やパートとして複数の会社で掛け持ちのドライバーとして働いたりする人もいます。そうした状況の中、正社員のトラックドライバーとして満足のいく条件で働きたい人は、業界大手の会社に新卒で就職をしたり、キャリアを積んで条件が良い会社に転職をしたりするのも良いでしょう。その他、給料にこだわって職場選びをする際は、運送業界の就職事情に詳しい人材紹介会社に相談をして、キャリアに合う正社員の求人を紹介してもらうという方法もあります。

トラック運転手の募集は、大手から中小の運送会社だけでなく、通販需要の拡大の影響を受け物流会社や宅配会社などでも行われています。