トラックドライバーの正社員に向いている人

荷物を運ぶだけが重要ではない

運送なんて「運んでいる荷物を無事に届けられればそれで良い」と思いがちです。確かにその考えは間違いではありません。
実際には安全な運転して荷物を届けて早く帰ろうとか考えがちですよね。でもそれだけだとドライバーとしては半分正解です。
どの職業にも共通することですが、あいさつは運送先に行った時、荷物を降ろす時、荷物を降ろし終えて帰る際に大きな声ですることが重要です。ドライバーは会社の顔として運送先に荷物を運ぶわけですので、良い印象をもたれたほうが再度運送の仕事をリピートしてくれる可能性が高くなるからです。
ただ荷物を運ぶだけなら誰でも出来ます。

あいさつをするという基本的なことですが、トラックドライバーにとっては重要なことでしょう。

運転技術よりも状況判断

ドライバーの仕事は大きなトラックを運転することが多い為、運転が上手くないと難しいと思われがちです。 実際にある程度の運転技術は必要ではありますが、運転技術に関しては運転をしていく内にある程度トラックの大きさに慣れてきます。 なので、運転技術はそこまで重要な部分ではありません。では何が重要なのでしょうか。 運転がどんなに上手くてもトラックを走らせた時の道の状況は常に変化するものです。状況によっては、荷物を降ろす時間に間に合わない可能性も出てきたりします。危険な道を通らなければいけない場合もあります。道の状況だけでなく、自分自身の状況も長時間の運転などをすれば眠気などが出てきたりします。そういった状況を一度立ち止まって冷静に判断することが重要です。 荷物を降ろす時間が遅れそうだからスピードを上げるのではなく、冷静に状況を把握し安全に荷物を届けることが重要でしょう。

トラックドライバーの転職は、全国で活発に行われており、中でも一つの運送会社で長年働いた人や、運行管理者の資格を有する人が有利に転職できる傾向が見られます。